5bit Records

力久博之

Hiroyuki Rikihisa

福岡の伝説的なバンド「OZONE BABY」のリーダーでありボーカリスト兼ギタリスト”RIKI”。

2002年に世界的アーティストSOUL Ⅱ SOUL のダディを迎え、OZONE BABYのファーストアルバム『OMEGA TRIBE』をリリース。1990年~2002年までOZONE BABYとして活動。

2005年、RAINBOW 2005を開催。2009年、HIFANAのコンピレーションアルバム『南風ケーブル弐』に参加。2012年、地元九州のアーティストを迎え、初のソロアルバム『風は知ってる』をリリース。同年『RAINBOW ASO 2012』をオーガナイズし最高の宴となった。

2014年、パーカッションに「旅団」の西井睦、エンジニアに「Based On Kyoto」のDAICHIを迎え、セカンドアルバム『FUIC – future archaic smile -』を5bit Recordsより発表。
自身がオーガナイズする『虹空2014・押戸石の丘』を皮切りにツアーを決行する。

ジャンルを超えた感覚とハートフルでファルセットな歌声は聴く人の心を震わせる。

 

The leader, vocalist and guitarist of Fukuoka’s legendary OZONE BABY band.” RIKI”.

In 2002, we welcomed Daddy from world-renowned artist SOUL II SOUL to OZONE BABY’s “RIKI”. The first album, “OMEGA TRIBE”, was released from 1990 to 2002. She has been active as OZONE BABY.

In 2005, she held RAINBOW 2005, and in 2009, HIFANA’s He participated in the compilation album “Nanpu Cable 2”. She released her first solo album, “Kaze”, and in the same year she organized “RAINBOW ASO 2012”, which was a great party. In the same year, he organized “RAINBOW ASO 2012”, which was a great party.

In 2014, Mutsumi Nishii of “RYODAN” for percussion and “Based On Kyoto” for engineering. We welcome DAICHI of “FUIC – future archaic smile”, the second album “FUIC – future archaic smile -” from 5bit Records.
The tour will start with “Nijisora 2014 Oshido Stone Hill”, which she organizes.

Her heartfelt and falsetto voice with a sense of transcendence of genres shakes the hearts of those who listen to her.



作品
2002年 OZONE BABY「OMEGA TRIBE」発表。
2009年 HIFANAのコンピレーションアルバム「南風ケーブル弐」に「風は知ってる」収録。
2012年 ファーストアルバム「風は知ってる」発表。
2014年 セカンドアルバム「FUIC - future archaic smile -」発表。